[移り住まう人 地域おこし協力隊編 001]

京都移住計画のタナカさんからツナイデもらう

5月の晴れ渡った青空の土曜日。

4月より、阿武町の地域おこし協力隊として移住ホヤホヤの柴田佳菜さん(Iターン移住)と

長門市の地域おこし協力隊 長門三隅地区担当 Bubble Ojisanこと、津田祐介さん(Jターン移住)のお2人が、下関に遊びに来てくれました。

柴田さんは、山口移住計画のキックオフイベントにも駆け付けてくれました「京都移住計画」のタナカ ユウヤさんからのご紹介です。

柴田さんが、山口県に移住すると言う情報が流れるや否や、「会いに行ってみて!」と音速で繋げて頂きました。

流石、ツナグム!人ツナギの達人です。(タナカさんありがとー!)

現在、阿武町では、空き家対策担当として

地域に深くダイブして、空き家1戸1戸が持つストーリーを大切に活動されています。

京都移住計画 “タナカ ユウヤ”氏 [山口移住計画キックオフイベントにて]

 

Bubble Ojisan!

そして、地域おこし協力隊 2年目の津田さんは、長門市の “ナガトーク” で初めてお会いして、

もっとお話しをしたかったので、お声掛けした所、わざわざお時間を取って来て頂けました。

津田さんは、ご自身でもBubble Ojisanとして、シャボン玉アーティストとして活動スタートされましたが、

6/25には、イタリアのシャボン玉アーティストをお招きし、イベントも開催されるそうです。

これは、必見!(特にお子さんは大喜び間違いないでしょう)

そして、最近は屋台を自作されて、『長門一小さな移動販売カフェ&バル「サニーデー」』をスタート。

長門市以外にも出張可能だそうですので楽しみですね。

UZUハウスのCAFEで、のんびりトーク、喋りすぎてマチ歩きの時間が無くなったので、

ビルを1棟まるごとリノベーションした雑貨屋チポーラさんのみご案内して、唐戸の屋台村内 洋食桜さんへ。

深夜まで、色んなトークで盛り上がりました!

こんな風に、じっくりと地域おこし協力隊の方とお話させて頂くのは、初めてでしたのでとても勉強になりましたし、

個人的には、今後の動きへのヒントを沢山得る事が出来ました。

 

 

山口県阿武町 Official Instagram が素敵

柴田さんには、阿武町の住民の方々等から寄せられるという、

阿武町の日常を切り取ったInstagramのアカウントがあるという事を教えて頂きました!

何気ない日常が良い感じです。

見ているだけで、ホノボノします。

[阿武町の公式Instagram]

https://www.instagram.com/abutown_official/

 

 

山口移住計画 ライター

<Writing & Photo>
========================================================================
ムロ
山口移住計画 代表
ヤスムロプラン 代表 http://yasumuro-plan.net
Designer

関東から山口県下関市へ、Uターンの様なIターン移住。
移住当時の経験から、カジュアルな移住のイリグチとして山口移住計画を立ち上げる。
========================================================================

最近の記事 おすすめ記事
  1. asta*base表紙
  2. 2017.10.20

    Grasshopper★
  1. 山口移住計画 バザール千駄木
PAGE TOP